お茶

スポンサーリンク

あらすじ

仕事の度にコンビニや自販機で飲み物を買っていたさななな。
たかだか100数十円なのだが、毎日のように払い続けていると、なんだかもったいなく感じてきた。
それならばとある日、タダでお茶を作ろうと思い立った。


前の話>>前回の続き

次の話>>渋滞


コメント

  1. かなしい(小学生並みの感想)